【合本版】100円のコーラを1000円で売る方法 全3巻収録【期間限定価格(最大70%OFF! お得本ザクザク 新生活応援フェア)】 著者:永井孝尚

【合本版】100円のコーラを1000円で売る方法 全3巻収録【期間限定価格(最大70%OFF! お得本ザクザク 新生活応援フェア)】

著者
著者:永井孝尚
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ビジネス・経済 経済
配信日
2020年03月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【合本版】100円のコーラを1000円で売る方法 全3巻収録【期間限定価格(最大70%OFF! お得本ザクザク 新生活応援フェア)】のあらすじ

(第1巻)美貌で男勝りの商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、“Appleにできて日本企業にできない壁”であった。はたして彼女は、日本が抱える課題――「高品質で多機能、でも低収益」から脱却できるのか? 「省エネルック」が失敗して「クールビズ」が成功した理由とは? 「キシリトールガム」が売れた理由は? など、実例をあげつつストーリー形式でコトラーからブルーオーシャン、キャズム理論まで、マーケティングの基本がわかる、10の物語。 (第2巻)第2弾は“競争戦略”編。商品開発を成功させた宮前久美が次に挑んだのは「サムスンにできて日本企業にできない戦略」だった。彼女は高度成長期の成功体験に囚われた日本企業で「新しい成長ストーリー」を打ち出すことができるか――。ポーターからランチェスター、野中郁次郎までビジネス戦略がストーリーで学べる一冊。 (第3巻)イノベーションとリスクに挑戦しろ。国内大手ライバル・バリューマックス社との市場競争を生き抜いた宮前久美と駒沢商会だったが、ついにグローバル企業の黒船が襲い掛かる。しかも、そのトップはかつての仲間であり師匠の与田誠だった―。彼女はグローバル競争のハリケーンが吹き荒れる日本企業で「新たな成長となるイノベーション」を起こすことができるか? シリーズ完結編!! イノベーションからM&A、グローバル競争戦略までつかめる一冊。 ※本電子書籍は「100円のコーラを1000円で売る方法」(中経の文庫)「100円のコーラを1000円で売る方法2」「100円のコーラを1000円で売る方法3」の合本版です。

1,683円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

【合本版】100円のコーラを1000円で売る方法 全3巻収録【期間限定価格(最大70%OFF! お得本ザクザク 新生活応援フェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP