改訂版 東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法 著者:福井 一成

改訂版 東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法

著者
著者:福井 一成
出版社
KADOKAWA
ジャンル
趣味・実用 趣味・実用一般
配信日
2020年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改訂版 東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法のあらすじ

医学論文や医学研究の結果を、「勉強が楽しいと思うと、βエンドルフィンが出て、 海馬の記憶力がアップする」といったように、実用的で役立つものに応用。 「何から手をつけたらいいかわからない→左脳の前頭葉に相談して解決」、「受験勉強は左脳をメインに使う」、 「英語の基礎固めは言語野を利用する」、「現代文の評論文は前頭葉を使わない」、「日本史と世界史のイメージ暗記法」、 「『暗記科目』数学の勉強法」、「化学は写真のイメージで覚える」など、医学的な見地からみて正しい「脳科学的勉強法」を紹介。 改訂にあたり、激変する入試英語にも対応。「話す」「聞く」「書く」「読む」の4技能を鍛える勉強法を書き下ろしました。 ※本書は、2014年に刊行した『東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法』の改訂版です。

1,320円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

改訂版 東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

改訂版 東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP