八卦見豹馬 吉凶の剣(二) 鬼将、討つ 著者:市川 丈夫/イラスト:遠藤 拓人

八卦見豹馬 吉凶の剣(二) 鬼将、討つ

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年11月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八卦見豹馬 吉凶の剣(二) 鬼将、討つのあらすじ

八卦見で身を立てようと意を決した榊原豹馬。だが見料を三百文と高額にしたため、訪れる客はまったくいなかった。そんな豹馬の下に、天現寺のお駒がお絹という若い女を連れてくる。どうやら訳ありらしいのだが……。

628円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

八卦見豹馬 吉凶の剣(二) 鬼将、討つのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP