くちなわ剣風帖(二) 鯰の鳴動 著者:吉村 夜/イラスト:百鬼丸

くちなわ剣風帖(二) 鯰の鳴動

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年05月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くちなわ剣風帖(二) 鯰の鳴動のあらすじ

大川沿いの幽霊桜で、斬殺された女の骸から阿芙蓉の粉(阿片)が見つかる。事件に行き遇った剣鬼・朽縄真蔵と、事件を追う同心・釜口右衛門。やがて二人が対峙するのは、江戸の闇に躍る魍魎の如き巨悪だった!

628円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

くちなわ剣風帖(二) 鯰の鳴動のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP