真・天地無用!魎皇鬼 弐の巻《遙照》 著者:梶島 正樹/著者:黒田 洋介/イラスト:梶島 正樹

真・天地無用!魎皇鬼 弐の巻《遙照》

ジャンル
ライトノベル
配信日
2021年05月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真・天地無用!魎皇鬼 弐の巻《遙照》のあらすじ

婚約者でもあった幼い妹・阿重霞をおいて、樹雷を飛び出した若き日の遙照。宇宙海賊魎呼を追って単身地球に降り立った彼は、魎呼を封印した後も樹雷に帰ることはなかった―。『天地無用!』シリーズの全ての始まりとなったこの有名なエピソード。だが、そこにはまだ語られていない、実らぬがゆえに激しさを増す遙照の想いと苦悩が隠されていた!!陰謀渦巻く樹雷皇宮を出て、銀河アカデミーに留学した遙照が初めて得た自由と恋―ひとときの少年らしい時間。だがそれが、遙照や阿重霞、そして魎呼の運命を大きく変えることになろうとは!?平々凡々と天地のじいちゃんやってる遙照も、昔はこんなに青春してた!?ファン待望、OVA第一弾につながる遙照の物語、ついに登場だ。

572円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

真・天地無用!魎皇鬼 弐の巻《遙照》のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP