成すも成さぬもないのだが 第四回 富士山、巨人、レディー・ガガ 著者:鷲崎 健

成すも成さぬもないのだが 第四回 富士山、巨人、レディー・ガガ

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2020年10月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成すも成さぬもないのだが 第四回 富士山、巨人、レディー・ガガのあらすじ

富士の山に、巨大な男が腰掛けている。 なんと壮大な光景であろうか。しかもそのふくよかな体、広々とした臀部を休めるには富士山ですら窮屈そうである。丁度釣り人が突堤で釣り糸をたらす時に座っている簡易型の椅子、あれぐらいのサイズ感であろうか。富士山が3776メートルなので立ち上がるとざっと30000メートル超の大巨人である。  (本文より) 「富士山」「巨人」「レディー・ガガ」。 なんとも奇妙な三題噺。 鷲崎健が独り語るこの連載エッセイ。第四回にしていったいどこに向かうのか? 鷲崎節全開で紡がれる言葉の道行きをご堪能あれ。 【目次】 ・富士山 ・能動的な迷子 ・記憶の陰影 【想定読了時間20分】

165円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

成すも成さぬもないのだが 第四回 富士山、巨人、レディー・ガガのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP