松尾スズキのやさしい野蛮人入門(10) 宇宙は見えるところまでしかない 著者:松尾 スズキ

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(10) 宇宙は見えるところまでしかない

ジャンル
ノンフィクション
配信日
2020年11月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(10) 宇宙は見えるところまでしかないのあらすじ

『松尾スズキのやさしい野蛮人入門』もラストメッセージになりました。 「惨めな姿をさらすのは、わたしの『かっこいい演劇』への、飽くなき挑戦状なのです」(本文より) 目次 ■「宇宙は見えるところまでしかない」の意味 ■我々は、常に途中までしか見ていない ■「わかりあえない」のが人間のデフォルトの状態 ■ヤンキー社会は、潔く自己完結した「閉じた宇宙」である ■自由であることの不自由さ、平等であることのあられもなさ ■人前で表現するのは恥ずかしいこと ■かっこいいことは、なんてかっこわるいんだろう ■心にフリーゾーンを作って、自分の宇宙を広げよう 「わたしは野蛮人でいたいので、欲にまみれて生きてはいます。しかし同時に優しくもありたいので、なるべくそれを愛嬌でまぶしてわかりにくくさせて生きていきたいものです」(本文より) さて、この人生、どう生きていきましょうかねえ。【読了時間 約23分】

220円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(10) 宇宙は見えるところまでしかないのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP