松尾スズキのやさしい野蛮人入門(1) あなたの心の中にも野蛮人はいる。 著者:松尾 スズキ

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(1) あなたの心の中にも野蛮人はいる。

ジャンル
ノンフィクション
配信日
2020年11月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(1) あなたの心の中にも野蛮人はいる。のあらすじ

「わたしの作品を観たり読んだりした人はすぐ感じるでしょうが、もちろんわたしの心の中にも野蛮人はいます。かなり凶暴なほうだと思います。(中略)わたしの作品は、抑圧されたもう一人のわたしの姿です。心の中の野蛮人が巨大化していくのです。だって、心の中では、なにしたっていいんですから」(本文より)。 タクシーの運転手さんに文句たれたり、まずいラーメン屋に悪態ついたりできない、やさしいあなた。 「正義」や「善」を武器のように使ってしまう、サディスティックなあなた。 この世は「清濁併せのむ」ではございませんか。 心は果てしなく自由です。誰の心の中にもきっと野蛮人はいる。ならば、飼いならしてみようではありませんか。 松尾スズキがやさしく説く、「心の中の野蛮人と共に生きる」入門。イラスト・松尾スズキ【読了時間 約16分】 ◆目次 野蛮に生きてみませんか? 正義とは、サディスティックなものである 俺にまで良識を求めるのか? 藝術とは、美しくあってはならない わたしの中にいる野蛮人 親という既得権益を疑う やさして偽善のすすめ ◆松尾スズキ・まつおすずき 1962年福岡県生まれ。作家、演出家、俳優、映画監督、脚本家。1988年「大人計画」を旗揚げする。1997年、「ファンキー! ~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞、2001年、第38回ゴールデンアロー賞・演劇賞を受賞。2008年、映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で、第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。「クワイエットルームへようこそ」(第134回)、「老人賭博」(第142回)は芥川賞候補となる。

220円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(1) あなたの心の中にも野蛮人はいる。のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP