松尾スズキのやさしい野蛮人入門(6) 正しい恋ってありますか? 著者:松尾 スズキ

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(6) 正しい恋ってありますか?

ジャンル
ノンフィクション
配信日
2020年11月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(6) 正しい恋ってありますか?のあらすじ

「わたしに、人生の持つ本質的な苦さと甘さを教えてくれるのは、男より、圧倒的に女です。男がきちんと女性を先生として意識し尊敬しさえすれば、かなりのいざこざは減るはずなのです」ーー本文より。無邪気な発言を許さない時代性。SNS上の失言が拡散されての炎上。それが「男」と「女」まつわるものだったりすると、さらにややこしい事態へと発展します。かつて、松尾さんに「サブカル」を教えてくれたのは、大学時代に初めてできた彼女でした。イラスト・松尾スズキ 【読了時間 約28分】 ◆目次 男と女はわかりあえない? すべての女性は“先生”である “わかっちゃいるけどやめられない”のが男と女の業 もう一人の自分に見せられないセックスはしない “男らしさ”という自己陶酔のはかなさ 結婚か、それとも野垂れ死にか わかってしまったら、そこで、おしまい ◆松尾スズキ・まつおすずき 1962年福岡県生まれ。作家、演出家、俳優、映画監督、脚本家。1988年「大人計画」を旗揚げする。1997年、「ファンキー! ~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞、2001年、第38回ゴールデンアロー賞・演劇賞を受賞。2008年、映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で、第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。「クワイエットルームへようこそ」(第134回)、「老人賭博」(第142回)は芥川賞候補となる。

220円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

松尾スズキのやさしい野蛮人入門(6) 正しい恋ってありますか?のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP