NHK連続テレビ小説 あまちゃん 6 おらのじっちゃん、大暴れ 著者:宮藤 官九郎

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 6 おらのじっちゃん、大暴れ

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2020年10月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 6 おらのじっちゃん、大暴れのあらすじ

「北三陸も東京も、オラに言わせれば日本だ」(第32回)、「マグロは魚類、カモメは鳥類、おらぁ人類だ」(第36回)――忠兵衛。アキのじっちゃんは死んでいなかった。忠兵衛は夏と結婚して44年、遠洋漁業に出て年に10日しか帰ってこない。世界中を旅して「こごが一番いい」と夏に教えるのだと言う。そんな折、ユイとアキに岩手のテレビ局からレギュラーの話がくる。さらに、アキの誕生日を祝うために正宗がやって来る。種市先輩からミサンガをもらって有頂天のアキ。スナック梨明日でのアキの誕生会。大吉が大音量で「ゴーストバスターズ」を歌う中、春子に「潮騒のメモリー」をセットする者がいた。第6弾の特別コメントは、じっちゃんこと、蟹江敬三さん。

165円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 6 おらのじっちゃん、大暴れのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP