成すも成さぬもないのだが 第二回 とても個人的な音楽のはなし 著者:鷲崎 健

成すも成さぬもないのだが 第二回 とても個人的な音楽のはなし

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2020年10月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成すも成さぬもないのだが 第二回 とても個人的な音楽のはなしのあらすじ

「ちょっと好きかも」が「とても好き」になり、「無茶苦茶好き」になるまで時間はかからなかった――(本文より)。 ラジオのパーソナリティ、テレビやイベントのMCなど活躍の場を広げている鷲崎健(わしざきたけし)。 そんな彼のもう一つの顔と呼べるのが「音楽」。 自ら作詞作曲したアルバムを3枚リリースし、物語性のある詞の世界や思わず口ずさみたくなるメロディー、そしてその歌声が多くのファンを楽しませている。またPOARO(ポアロ)という2人組の音楽ユニットとしても活動を続けている。 しかし彼は自らの職業をミュージシャンとはしていない――。 鷲崎健が深夜の一人しゃべりのラジオのように言葉を紡ぐこのシリーズ。 第二回のテーマは「音楽」。 アコギを弾き語り、ミュージシャン相手に広く深い音楽談義に花を咲かせる今の彼の音楽的ルーツはどこあるのか。 幼少期の思い出の中に流れているあの曲。少年時代に出会った自分だけのヒーロー。人生が変わってしまうほどの衝撃。ギターに夢中になったあの日。 山口百恵、清志郎、オーティス・レディング、憂歌団・・・。様々なミュージシャンたち。音楽を語る上で外すことのできない兄の存在。 詞を書き曲を作りライブする。それでも音楽を職業の1つと数えることをよしとしない理由。そこで語られるのは仕事というものに対する思いだった。 【目次】 ・ルーツ ・六二二の法則 ・仕 事 【想定読了時間20分】

165円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

成すも成さぬもないのだが 第二回 とても個人的な音楽のはなしのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP