富士山を世界遺産に「した」国民会議 富嶽三十六(冊)プロジェクト02 著者:富士山を世界遺産にする国民会議

富士山を世界遺産に「した」国民会議 富嶽三十六(冊)プロジェクト02

ジャンル
ノンフィクション
配信日
2020年11月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士山を世界遺産に「した」国民会議 富嶽三十六(冊)プロジェクト02のあらすじ

2013年6月22日、カンボジアで開催された第37回世界遺産委員会で、日本の富士山が世界遺産に登録された。 世界遺産条約が制定されたのは1972年。日本が条約を締結したのが1992年。当初から「富士山を世界遺産に」という声はあった。それからおよそ20年。富士山がこれまで世界遺産になれなかったのは、一説には富士山周辺のゴミ問題が原因と言われているが、話はそう単純なものではないようだ。 本書では、世界遺産登録を実現するために立ち上がったNPO法人「富士山を世界遺産にする国民会議」(通称・富士山会議)の運営委員自ら、富士山が世界遺産に登録されるまでの道のりと、感動的なカンボジアでの登録決定の瞬間、そして日本人がこれからなすべきことについて語る。 目次 はじめに 世界遺産とは 富士山会議とは 世界遺産登録記念インタビュー 第一章 富士山を世界遺産にするために 第二章 数々の困難 第三章 悲願達成 ついに富士山が世界遺産に! 第四章 いつまでも富士山を世界遺産に 【富嶽三十六プロジェクト】 【想定読了時間 26分】

220円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

富士山を世界遺産に「した」国民会議 富嶽三十六(冊)プロジェクト02のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP