激変するインドIT業界 バンガロールにいれば世界の動きがよく見える 著者:武鑓 行雄

激変するインドIT業界 バンガロールにいれば世界の動きがよく見える

ジャンル
ビジネス・経済 経済
配信日
2020年10月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

激変するインドIT業界 バンガロールにいれば世界の動きがよく見えるのあらすじ

世界のIT開発の約60%を受注。グーグル本社の経営幹部、世界的なビジネススクールの学長、ドイツ銀行のCEOなどに就任する人材を次々と輩出する国、インド。今、インドを抜きにして世界を語ることはできません。 日本人はそんなインドのことをどれくらい知っているのでしょうか? 世界中からIT開発の依頼が集まるインドの大都市「バンガロール」。そこで開発されるサービスや人材の動きを見ていれば今後の世界の動きが手に取るように分かります。 また、インドは最先端の技術と新興国ならではの発想力から多くの新しい製品やサービスを生み出すイノベーション国家でもあります。 インドを知ることは、これからの世界で生き抜く日本のビジネスパーソンにとって有効なヒントになるはずです。 目次 バンガロールにいれば世界の動きがよく見える バンガロールを知っていますか? IT開発の超大国・インド グローバル人材の最大輸出国 インドで生まれるイノベーション 日本がグローバル時代に取り残されないために 最後に 【想定読了時間 約30分】

330円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

激変するインドIT業界 バンガロールにいれば世界の動きがよく見えるのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP