事故の哲学 ソーシャル・アクシデントと技術倫理【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】 齊藤 了文

事故の哲学 ソーシャル・アクシデントと技術倫理【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2021年01月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事故の哲学 ソーシャル・アクシデントと技術倫理【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】のあらすじ

ディープラーニングしたAIの判断の責任は、だれがとればよいのでしょうか?人工物が複雑化すればするほど、事故の因果関係は不明瞭になります。被害は存在しても、加害者を特定できなくなります。また、小さな過失が、巨大事故を引き起こす可能性もますます大きくなっています。人工物が第二の自然になり、事故が第二の天災となる時代に、倫理はどうあるべきなのでしょうか。現在進行中の問題に深く切り込みます。

1,232円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

事故の哲学 ソーシャル・アクシデントと技術倫理【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP