西洋音楽史を聴く バロック・クラシック・ロマン派の本質 前川 誠郎

西洋音楽史を聴く バロック・クラシック・ロマン派の本質

ジャンル
芸術
配信日
2020年12月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西洋音楽史を聴く バロック・クラシック・ロマン派の本質のあらすじ

音楽史における時代区分は独特である。17世紀以降のバロック、クラシック(古典派)、ロマン派、後期ロマン派さらに国民楽派、二十世紀音楽へと流れていくそれぞれの特徴はどこにあるのか。それらの音楽の目指したものは何なのか。美術史を専門とする一方、生涯をかけて「聴く」ことに精力を傾けた巧者の、西洋音楽に対する熟成の極みに達した愛と深い造詣が綴られる。解説・下村耕史。

880円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

西洋音楽史を聴く バロック・クラシック・ロマン派の本質のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP