ハケン飯友 僕と猫のおうちごはん 椹野道流/内田美奈子

ハケン飯友 僕と猫のおうちごはん

ジャンル
文芸 小説 SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2020年03月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハケン飯友 僕と猫のおうちごはんのあらすじ

なんて年明けだ。仕事始めの朝、出社したら会社が潰れていた。そんな「僕」こと坂井寛生が神社でお賽銭を奮発して頼んだ願いごとのひとつめは「そこそこの新しい仕事が見つかりますように」、そしてもうひとつは「一緒に飯が食える、気楽な仲間が見つかりますように」。願い事を神社で拝んだその晩、夕ごはんの準備をする寛生の前に、人間の言葉を喋る猫が現われて…。

572円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ハケン飯友 僕と猫のおうちごはんのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

ハケン飯友 僕と猫のおうちごはんを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP