ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~ 養老孟司

ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~

著者
養老孟司
出版社
扶桑社
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2019年03月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~のあらすじ

身近な疑問から見えてくる知識社会の限界 大したものは要らないことを、そろそろ学びましょう。 「人間は、意識だけでできてるわけではない」より<抜粋> ~基本的に私どもは意識の世界に住み着くというくせをつけてしまった。その方が意識にとっては居心地がいいわけで、なぜならばそういう世界にはゴキブリがいないからです。ですから、あのゴキブリを追っかける執念というのは私は非常に興味があるのでいつも見ています。どうしてあんなか弱い生き物が気に入らないのか。しかしその裏には非常に深い、何か根の深いものがあるのです~ 本書は二〇〇一年三月、白日社より刊行された『脳と自然と日本』を加筆修正し、大幅に改訂したものです。

961円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP