辰雄・朔太郎・犀星 意中の文士たち(下) 現代日本のエッセイ 福永武彦

辰雄・朔太郎・犀星 意中の文士たち(下) 現代日本のエッセイ

ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年09月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辰雄・朔太郎・犀星 意中の文士たち(下) 現代日本のエッセイのあらすじ

作家としての福永武彦が、現代にふさわしい小説を書こうと意図したとき、たくまずその脳裏に浮かんだ先達ともいうべき作家たち――彼らへの「感謝の現れ」、オマージュとして捧げたのが『意中の文士たち』である。本書はその下巻であり、福永が最も親炙し敬愛した堀辰雄、その魂の内面の表現に深く共感を寄せた萩原朔太郎・室生犀星についての、こよなく優れたエッセイを収めた。

1,100円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

辰雄・朔太郎・犀星 意中の文士たち(下) 現代日本のエッセイのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP