クルマの新主役―週刊東洋経済eビジネス新書No.287 週刊東洋経済編集部

クルマの新主役―週刊東洋経済eビジネス新書No.287

ジャンル
ビジネス・経済 経済 産業
配信日
2019年03月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマの新主役―週刊東洋経済eビジネス新書No.287のあらすじ

2018年10月4日、トヨタ自動車とソフトバンクは新たなモビリティサービス構築に向けて提携し、合弁会社を設立すると発表。自動車業界の主役交代を予感させる瞬間だった。CASEと呼ばれるコネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化が次世代車を語るキーワードとなった。すでにCASEの波に乗り活況に沸いているのが、日本の電子部品や素材メーカーだ。日本電産、TDK、京セラ、村田製作所、三菱ケミカル、旭化成、三井化学のトップインタビューを交えながら、その展望と新主役たちの強さの秘密に迫った。 本誌は『週刊東洋経済』2018年11月10日号掲載の29ページ分を電子化したものです。

432円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

クルマの新主役―週刊東洋経済eビジネス新書No.287のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

クルマの新主役―週刊東洋経済eビジネス新書No.287の最新書籍ニュース

2019年03月25日 更新

PAGE
TOP