同時通訳者のここだけの話―プロ通訳者のノート術公開― 著者:関根 マイク

同時通訳者のここだけの話―プロ通訳者のノート術公開―

ジャンル
語学 英語
配信日
2019年02月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同時通訳者のここだけの話―プロ通訳者のノート術公開―のあらすじ

名士の声にも犯罪者の声にもなる、通訳男子の真実の現場体験記 【「あなたくらいの通訳者なんていくらでもいるしね」ーー先輩通訳者の一言に奮い立ち、山あり谷あり通訳人生20年】 英語と日本語を巧みに操る売れっ子同時通訳者ーー そんなキラキラしたイメージの裏にある、泥臭くてリアルな“通訳男子”の姿を包み隠さず綴った通訳エッセイ。 国際会議で、要人会談で、はたまた法廷で、目にし、耳にした、フリー通訳者の立場だからこそ言える現場発の「ここだけ」の話が満載。 通訳という仕事のダイナミズムと、ことばを通して人とつながる意義、人と人をつなげる喜びをたっぷり詰め込んだ一冊です。 巻末では、プロ通訳者のノート術(メモ取りの方法)を大公開。通訳志望者・通訳者の実務にも役立ちます。 (本書は月刊ENGLISH JOURNALの連載「ブースの中の懲りない面々 ~通訳の現場から」より作品を選び、加筆して、再構成したものです) 【対象レベル】全レベル 【著者プロフィール】 関根 マイク 会議通訳者。関根アンドアソシエーツ代表、日本会議通訳者協会理事、名古屋外国語大学大学院講師、日本翻訳者協会(JAT)元副理事長、全米司法通訳人・翻訳人協会(NAJIT)会員。ブリティッシュコロンビア大学文学部卒業。大学在学時に通訳のアルバイトを始め、卒業後すぐに、「九州・沖縄サミット」でメディアの契約翻訳者として活躍、これを契機に沖縄でフリーランスの翻訳・通訳業を開始。2013年より東京在住。現在は主に会議通訳者として活躍中。得意分野は政治経済、法律、ビジネスとスポーツ全般。月刊『ENGLISH JOURNAL』(アルク刊)で「~ブースの中の懲りない面々~通訳の現場から」を連載中。

1,468円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

同時通訳者のここだけの話―プロ通訳者のノート術公開―のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP