十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】 辻 惟雄

十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】

ジャンル
芸術
配信日
2021年01月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】のあらすじ

蕪村や応挙、若冲、蘆雪に蕭白。ほぼ同時期、同じ地に豊かな才能が輩出した。旧来の手法から抜けだし、己の個性を恃んで、奔放に新しい表現を打ちだす。十八世紀の京都は、まさにルネサンスの地であった。「奇想」の美術史家・辻惟雄は、彼らの作品に向き合い、多数の論考を遺している。それらを抜粋し、作品の解釈から時代背景や人物像にも迫ってゆく。あの時代の京都を、彩りをもって甦らせる試みである。

1,270円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP