花を、慕う 堀田冀陸

花を、慕う

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年02月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花を、慕うのあらすじ

明朝、嘉靖帝の時代、天涯孤独の若者・王暢(ワンチャン)は宮廷に召しかかえられることを夢見て男を捨てることを決意。 しかし宮廷にはもぐりこめたものの、宦官として正式の採用ではなかったため、 与はもらえず途方にくれていた。やむなく大商人・漁覇翁(イーパーウェン)に雇われ、 麺売りの仕事につくことになるが、漁覇翁の裏の顔を知り、その支配下から逃れようともがき続ける。 そんなある日、人買いから曹洛瑩(ツァオルオイン)という娘を買い取り、窮地を救うことになるが、 なんと曹洛瑩が嘉靖帝の嬪となることを知る。 なにがあっても曹端嬪を守ろうと固く心に誓うが、曹洛瑩とともに王暢も宮廷内の陰謀に巻き込まれていく。 欲望うずまく明の宮廷を舞台にした長編時代小説。

1,382円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

花を、慕うのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP