一〇三歳、ひとりで生きる作法 老いたら老いたで、まんざらでもない 篠田桃紅

一〇三歳、ひとりで生きる作法 老いたら老いたで、まんざらでもない

著者
篠田桃紅
出版社
幻冬舎
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2019年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一〇三歳、ひとりで生きる作法 老いたら老いたで、まんざらでもないのあらすじ

百歳を超えた今でも筆をとり、制作に励む孤高の美術家、篠田桃紅。その墨を使った独特の作品は、世界中から注目されている。「人の成熟はだんだん衰えていくところにあるのかもしれない」「人生、やり尽くすことはできない。いつもなにかを残している」。老境に入ってもなお、若さに媚びず現役を貫く、その強い姿勢から紡がれる珠玉のエッセイ集。

513円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

一〇三歳、ひとりで生きる作法 老いたら老いたで、まんざらでもないのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP