居酒屋お夏 九 男の料理 岡本さとる

居酒屋お夏 九 男の料理

著者
岡本さとる
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

居酒屋お夏 九 男の料理のあらすじ

いぶし銀の働きでお夏を支える料理人の清次が、哀しき母子との交流を人知れず深めていた。女の亭主は理由あって旅に出ているのだという。やがて旅帰りした亭主と対面した清次は、その男に好感を抱く。だが彼の眼差しには、修羅場を潜った者特有の鋭さが含まれていた。男の過去に一体何が? 脛に傷持つ者は幸せになれないのか? 感涙の第九弾。

615円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

居酒屋お夏 九 男の料理のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

居酒屋お夏 九 男の料理の最新書籍ニュース

2016年09月02日 更新

PAGE
TOP