戦場のレビヤタン 砂川文次

戦場のレビヤタン

著者
砂川文次
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年01月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦場のレビヤタンのあらすじ

風が吹いている。おれは、その風を肌でしっかりと感じながら、 レンジローバーの後部座席で揺られている。 英国系の石油プラントを守るため、イラクの紛争地帯に進んで身を投じた武装警備員のKは、キルクークからアルビルへ伸びる国道を北上していた。 荒涼とした紛争地。戦火はおさまったかに見える地で、わき上がる問いに答えは出ない。 なぜこの地にやってきたのか、戦争とは何か、何が戦争を作り出すのか。敵は誰なのか。 大義なき戦争、警察国家が撤退した後の世界の風景を淡々と乾いた筆致で描き出す21世紀の戦争文学。 第160回芥川賞候補作。著者デビュー作「市街戦」を併録。

1,399円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

戦場のレビヤタンのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

戦場のレビヤタンを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP