桃色商店街 庵乃音人

桃色商店街

ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桃色商店街のあらすじ

今夜はいっぱい、見せてあげるわ…… 古きよき時代の商店街で淑やかな未亡人とくりひろげる桃色官能物語 寂れた商店街で書店を営む陽太は、本の配達先で出会った未亡人の咲子にせつない恋心を抱いていた。その日も本の配達で咲子の家を訪れると、なかから男と争う声が……。部屋に入ると商店街の宿敵、悪徳不動産屋の社長が咲子に迫っていた。陽太はなんとか彼女を救出して自宅でかくまうことに。清楚ながらも豊満な胸と艶尻を持つ未亡人が浴びるシャワーの音に誘われて風呂場の前まで来てみると、そのガラスごしには魅惑のシルエットが……。もはや欲情を抑えることができずにそのままなかへ入ろうとした瞬間、背後から誰かに口を押さえられ──!?

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

桃色商店街のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP