日本企業が「アジャイル」を実践する方法 著:桜井 一正/著:高部 陽平

日本企業が「アジャイル」を実践する方法

ジャンル
ビジネス・経済 経営
配信日
2019年01月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業が「アジャイル」を実践する方法のあらすじ

いま、「アジャイル」という言葉が注目を浴びている。もともとはソフトウェア開発の世界で普及したコンセプトだが、高速でトライ・アンド・エラーを繰り返すこの仕事の進め方は、環境変化が激しく不確実性の高い時代において、さまざまな業種の多様な業務に適用され始めている。アジャイル手法が、従来型組織の課題を解消するうえで大きな成果を発揮することは確かである。ただし、あらゆる手法がそうであるように、けっして万能ではない。本書では、ボストン コンサルティング グループのパートナーであり、多くの企業でこの手法の導入を支援してきた桜井一正氏と高部陽平氏により、その概要とボトルネック、そして、日本企業が実践する際の具体的な方法論が示される。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

日本企業が「アジャイル」を実践する方法のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP