「脊柱管狭窄症」を自分で治す本 坂井学

「脊柱管狭窄症」を自分で治す本

著者
坂井学
出版社
マキノ出版
ジャンル
医学 暮らし・生活 健康
配信日
2019年01月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「脊柱管狭窄症」を自分で治す本のあらすじ

★炎症は体が病気を治そうとする治ゆ反応。だから、冷やすな! ★湿布や薬よりも使い捨てカイロ! 「長時間、立っていられない」 「歩いていると痛みが出て、数十メートルおきに休息が必要になる」 「腰やお尻から太ももの裏側にかけて、痛みやしびれが出る」 このような症状を訴えて整形外科へ行くと、多くの人が「脊柱管狭窄症(せき ちゆう かん きよう さく しよう)」と診断される。 しかし、手術で脊柱管の狭窄を広げたとしても、症状が消えなかったり、 一度は消えてもぶり返したりすることが多いのが現状である。 それにだれしも、できるだけ手術は避けたいと思っている。  本書では、このような症状を「脊柱管狭窄症」と診断することに疑問を持つ医師が、 「真の原因は、『脊柱管の狭窄』という、『かたち』の異常ではなく、 『細胞のダメージにある』」と考え、「細胞から元気になる医療」を提案。 そして、「ダメージを受けた細胞を修復する、体の治ゆ反応が『炎症』である。 だから、湿布や薬で炎症を止めるのではなく、使い捨てカイロで温めて治ゆ反応を促せ!」 と主張している。  実例として、本書では「脊柱管狭窄症の手術を回避できた」「杖が不要になった」「スタスタ歩ける」 人の体験手記も紹介されている。

1,300円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「脊柱管狭窄症」を自分で治す本のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP