剣と魔法と幻想典 坂井水城/葉山えいし

剣と魔法と幻想典

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年01月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

剣と魔法と幻想典のあらすじ

紡ぎ姫――とは、幻想獣に対抗しうる、唯一の手段「叙情魔法」を使える者の名称。そして「騎士」はそんな姫を守り抜く存在。 二人一組の番なのだが、騎士であるエルトはとある事件から、紡ぎ姫の存在を否定していた。しかし――。 「エルトとシャルルは今日付で番になりまーす。学院長先生公認だぞー」 通常の手段では倒すことのできない幻想獣。唯一有効なのは、お伽噺を力に変える叙情魔法だけ。そして騎士の役割は、詠唱中無防備な紡ぎ姫を守り、時間を稼ぐこと。 だが最強の騎士を目指すエルトは紡ぎ姫を足手まといと断じ、その存在意義を認めていなかった。進級試験を受けるために無理やり組まされたエルトとシャルル。だが試験のさなか、事件が起こる! 二人は無事に番になれるのか、“紡ぎ姫”の秘密とは!? これは縁を嫌った少年が、絆を取り戻す物語。 第10回GA文庫大賞奨励賞受賞作! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

648円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

剣と魔法と幻想典のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP