もんなか紋三捕物帳 : 3 首無し女中 井川 香四郎

もんなか紋三捕物帳 : 3 首無し女中

著者
井川 香四郎
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2018年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もんなか紋三捕物帳 : 3 首無し女中のあらすじ

奥女中・多喜の遺骸が外濠で見つかった。多喜は、その正体が刺客であると見抜いた徳川吉宗の寛容な計らいで、穏便に宿下がりをさせたはずであった。では多喜を殺したのは何者か。大奥に異変あり。城中奉行・大久保丹後守の意を受けた紋三親分の探索が行き着いた真実とは。大好評の書き下ろしシリーズ、第3弾。

583円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

もんなか紋三捕物帳 : 3 首無し女中のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP