アキバタリアン 千の屍、夏、終わりの#【期間限定価格(冬☆電書2019 ラノベ文庫・創刊7周年記念フェア)】 浜崎達也/稲船敬二(コンセプト)/夕薙

アキバタリアン 千の屍、夏、終わりの#【期間限定価格(冬☆電書2019 ラノベ文庫・創刊7周年記念フェア)】

ジャンル
ライトノベル
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アキバタリアン 千の屍、夏、終わりの#【期間限定価格(冬☆電書2019 ラノベ文庫・創刊7周年記念フェア)】のあらすじ

その日、秋葉原は封鎖された---。謎のウィルスによって死者が蘇り、死者は生者を喰って無限に増殖を続ける。主人公・人見勇生の目の前で、憧れの水谷綾香が教師に喰われた。昨日までの友人が、教師が、その全てが生きる屍となって勇生たちの肉を喰わんと襲いかかってくる。孤立した校内で、生き残った生徒たちは食料を確保するため更に争いが……。勇生は死者の群れにあふれる秋葉原から脱出できるのか!?

324円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

アキバタリアン 千の屍、夏、終わりの#【期間限定価格(冬☆電書2019 ラノベ文庫・創刊7周年記念フェア)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP