終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅【期間限定価格(冬☆電書2019 ラノベ文庫・創刊7周年記念フェア)】 鏡貴也/山本ヤマト

終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅【期間限定価格(冬☆電書2019 ラノベ文庫・創刊7周年記念フェア)】

ジャンル
ライトノベル
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅【期間限定価格(冬☆電書2019 ラノベ文庫・創刊7周年記念フェア)】のあらすじ

世界が滅亡する直前まで、抗い続けた、物語――。「真昼を殺せなければ、お前の父親を殺す」柊家に父・一瀬栄を人質に取られ、真昼を探していたグレンだがあと一歩のところで吸血鬼たちに真昼をさらわれ取り逃してしまう。そして時間は無情にも過ぎていき、一瀬栄は……! 自らの力不足を改めて痛烈に感じながらも、前に進みはじめたグレン。一方吸血鬼にとらわれた真昼は、吸血鬼の女王クルル・ツェペシに交渉を持ちかけ――。

270円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅【期間限定価格(冬☆電書2019 ラノベ文庫・創刊7周年記念フェア)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP