東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと【期間限定価格(全品399円 幻冬舎新書フェア)】 菅直人

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと【期間限定価格(全品399円 幻冬舎新書フェア)】

著者
菅直人
出版社
幻冬舎
ジャンル
社会・政治
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと【期間限定価格(全品399円 幻冬舎新書フェア)】のあらすじ

3月11日14時46分。地震発生後、私は官邸地下の危機管理センターへ直行した。被災者救助に各方面が動き出す中、「福島第一原発、冷却機能停止」の報せが届く。その後、事故は拡大の一途をたどった。――このままでは国が崩壊する。いつしか私は、原子炉すべてが制御不能に陥り、首都圏を含む東日本の数千万人が避難する最悪のシミュレーションをしていた……。原発の有事に対応できない法制度、日本の構造的な諸問題が表面化する中、首相として何をどう決断したか。最高責任者の苦悩と覚悟を綴った歴史的証言。

398円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと【期間限定価格(全品399円 幻冬舎新書フェア)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP