下鴨アンティーク 白鳥と紫式部【期間限定価格(デジイチ第3弾<集英社オレンジ文庫>)】 白川紺子/井上のきあ

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部【期間限定価格(デジイチ第3弾<集英社オレンジ文庫>)】

ジャンル
文芸 小説 ミステリ ライトノベル
配信日
2018年11月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部【期間限定価格(デジイチ第3弾<集英社オレンジ文庫>)】のあらすじ

蔵に眠る「いわくつき」の着物の管理を祖母から引き継いだ鹿乃。その着物も、とうとう最後の一枚に――。「桜の園」と名付けられた着物は、書き置きを残して失踪した野々宮家の女性のものらしい。彼女の足跡を追ううち、祖母が「叔母さんは、山で『神隠し』に遭うたんや」と言っていたと知る。神隠しの真相と、鹿乃と慧、そして良鷹、それぞれが未来に受け継ぐものとは――。 【目次】雛の鈴/散りて咲くもの/白鳥と紫式部/あとがき

457円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部【期間限定価格(デジイチ第3弾<集英社オレンジ文庫>)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP