小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋【期間限定価格(デジイチ第3弾<集英社オレンジ文庫>)】 ひずき 優/原案・原作:宮月 新/原作:神崎裕也

小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋【期間限定価格(デジイチ第3弾<集英社オレンジ文庫>)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋【期間限定価格(デジイチ第3弾<集英社オレンジ文庫>)】のあらすじ

犯罪を意図した行為でもその実現が不可能であれば、罪に問われない。これを『不能犯』という――。進学校に通う女子高生・早苗は、同じ予備校の生徒から脅されていた。追い詰められた彼女は『電話ボックスの殺し屋』に仕事を依頼する。早苗の友人である彩香や藍子、楓も、それぞれ『彼』に殺しの依頼をしていて…!? 人気マンガ「不能犯」のスピンオフ小説が登場!

406円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋【期間限定価格(デジイチ第3弾<集英社オレンジ文庫>)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP