ほのぼの家族のふれあい心理学 國分久子

ほのぼの家族のふれあい心理学

著者
國分久子
出版社
PHP研究所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほのぼの家族のふれあい心理学のあらすじ

壮年期の入り口にいる人たちが、人生に遭遇する問題を解くのに役立つヒントをカウンセリング心理学の観点から提示してみようと試みたのが本書です。 1.育児 2.夫婦の結婚生活 3.社交・世間づきあい 4.父母との関係 5.自己実現 これらは、青年期とは異なり、三十代の大人の問題として考えられます。しかし、どのように受け止めたらよいか、その基本方針が定まらないことが、三十代の既婚者のストレスの原因だと著者は考察しています。これらの五大問題を中心に、ハウツーの提言ではなく、プリンシプル(原則)を考える内容となっています。

1,000円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ほのぼの家族のふれあい心理学のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP