望月弥栄 斎姫繚乱 宮乃崎 桜子/浅見 侑

望月弥栄 斎姫繚乱

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス
配信日
2018年11月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

望月弥栄 斎姫繚乱のあらすじ

寛仁2年(1018年)。<神の子>としての能力(ちから)を持ち続けるため、夫、義明とは契りを結ばずに暮らしている宮だが、最近はなぜか寂しさを感じ始めていた。そんな折、神木に取り込まれた重家が発見される。愛しい長屋王の生まれ変わりが重家と知った<月の姫>香久夜(かくや)は、毎晩「神木=重家の魂」に寄り添っていた。その姿を見た宮の心も震えだす(講談社X文庫ホワイトハート)。

486円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

望月弥栄 斎姫繚乱のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

望月弥栄 斎姫繚乱の最新書籍ニュース

2016年11月04日 更新

PAGE
TOP