「窓」の思想史 ──日本とヨーロッパの建築表象論 浜本隆志

「窓」の思想史 ──日本とヨーロッパの建築表象論

著者
浜本隆志
出版社
筑摩書房
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他 芸術
配信日
2018年11月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「窓」の思想史 ──日本とヨーロッパの建築表象論のあらすじ

建築物に欠かせない「窓」。この身近な建築表象を歴史的にふりかえってみたとき、どのような相貌があらわれてくるのだろうか。日本とヨーロッパの様々な文物を織り交ぜながら、その土地に住まう人々が窓の造形に込めた感情と思想の来歴、文化構造の相違と影響関係、そして文明的意味を探る。

1,512円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「窓」の思想史 ──日本とヨーロッパの建築表象論のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP