公共哲学からの応答 ──3・11の衝撃の後で 山脇直司

公共哲学からの応答 ──3・11の衝撃の後で

著者
山脇直司
出版社
筑摩書房
ジャンル
社会・政治 人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2018年11月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公共哲学からの応答 ──3・11の衝撃の後でのあらすじ

2011年3月11日に東日本を襲った大地震と大津波、それにともなう福島の原発事故は、実際上の問題だけでなく、公共哲学という“善き公正な社会を追求し、現下の公共的問題を考える”学問にも様々な問いを投げかけることとなった。それらに今どのように応えるのがふさわしいのか。日本における第一人者が、議論の手がかりとなる有力な学説を紹介しながら、3・11以降の社会を考えるための羅針盤を提示する。

1,404円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

公共哲学からの応答 ──3・11の衝撃の後でのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP