御落胤の槍 氷月葵

御落胤の槍

著者
氷月葵
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2018年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

御落胤の槍のあらすじ

上様の御落胤を名乗る六尺の大男を探索中の御庭番が斬られた! 御落胤一行の真の目的は? その願いを許さぬものは? はたして御落胤の真贋は? 御庭番十七家の一つ宮地家の二代目加門が謎に挑む! 御庭番十七家の吉川家三代目の栄次郎が、将軍吉宗の御落胤を名乗る一行五人を探索中、中山道の宿近くで脚を斬られた。医術の心得のある宮地加門は同僚の栄次郎を迎えに浦和宿に向かった。丹波次郎、徳川次郎定通と名乗る、六尺の大男はいずこに。やがて蕨宿で一行五人を見つけた加門は……。はたして御落胤一行の真の目的は? その願いを許さぬものは?

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

御落胤の槍のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP