あやかし長屋の猫とごはん 須垣りつ

あやかし長屋の猫とごはん

著者
須垣りつ
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 小説 ライトノベル
配信日
2018年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あやかし長屋の猫とごはんのあらすじ

秀介、武士の子(13)初めての江戸・長屋ライフ 江戸っ子の人情とあやかしたちの思いやりが紡ぐ少年武士の成長物語 父の仇討ちのため、義憤と武士の誇りを胸に江戸に上った秀介。しかし目的を果たす前に空腹で行き倒れてしまう。もはやここまでと覚悟を決めたその時、現れたのは純白の子猫。恩返しだという猫又に導かれ、秀介はある長屋を訪ねる。一見普通だが、人に化けた気のいい妖したちも住む通称あやかし長屋。死んだ店子の家財を譲り受け、食い扶持を稼ぎ、志を曲げず日々を送る中、秀介はついに憎っくき仇を発見するが…。 tacocasi・装画

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

あやかし長屋の猫とごはんのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP