置かれた場所で咲いた渡辺和子シスターの生涯 保江邦夫

置かれた場所で咲いた渡辺和子シスターの生涯

著者
保江邦夫
出版社
マキノ出版
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2018年10月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

置かれた場所で咲いた渡辺和子シスターの生涯のあらすじ

「人間に上下はありません。しかし、人格に上下はあります」 2016年12月30日に、すい臓がんで89歳の生涯を閉じた渡辺和子シスターの思い出を、20年以上にわたり“名誉息子”として心の交流を重ねてきた著者が語り尽くす。 2・26事件の真相、シスターの大失恋、ルルドの泉の奇跡、マザー・テレサとの交流についても、新事実を紹介。 第1章: シスターとの出会いについて 第2章: 「置かれた場所」について 第3章: シスターの伝説について 第4章: 信じることについて 第5章: 愛について 第6章: 2・26事件について 第7章: 奇跡について 第8章: 試練について 第9章: 死と別れについて

1,300円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

置かれた場所で咲いた渡辺和子シスターの生涯のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP