十津川警部 両国駅3番ホームの怪談 西村京太郎

十津川警部 両国駅3番ホームの怪談

ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2018年10月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十津川警部 両国駅3番ホームの怪談のあらすじ

会社員の宮田は、普段は使われていないJR両国駅3番ホームで、深夜に二人の不審な人物を目撃する。翌日、3番ホームに入り込んだ宮田と恋人の千里はランの模様が入った指輪を拾うが、ある理由から指輪の複製を依頼した宝石店の店員が殺害された。そして優勝力士と両国から館山に向かう臨時特急に乗った千里が行方不明に。3番ホームでの怪異と指輪の謎に、十津川警部が迫る!

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

十津川警部 両国駅3番ホームの怪談のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

十津川警部 両国駅3番ホームの怪談を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP