「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。 隙名こと/爽々

「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。

ジャンル
文芸 小説 ミステリ 文芸 その他
配信日
2018年10月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。のあらすじ

クラスでも目立たず友達のいない男子高校生・駒田に、となりの席のクールな美少女、水品さんが、ひそかに声をかけてきた。「15分で1万円のバイトに興味はありませんか?」水品さんが決して笑わない理由と、怪しい仕事の真の目的は……? 傷ついた過去やトラウマを持つ二人が出会い、ある仕事を経て次第に立ち直っていく。ミステリ-タッチの優しい青春ストーリー。第7回ポプラ社小説新人賞<特別賞>受賞作!

712円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP