夕刻の町に、僕らだけがいた。 永良サチ

夕刻の町に、僕らだけがいた。

著者
永良サチ
出版社
スターツ出版
ジャンル
文芸 小説 恋愛・ロマンス
配信日
2018年10月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夕刻の町に、僕らだけがいた。のあらすじ

有名進学校に通う高1の未琴は、過剰な勉強を強いられる毎日に限界を感じていた。そんなある日、突然時間が停止するという信じられない出来事が起こる。未琴の前に現れたのは謎の青年むぎ。彼は夕方の1時間だけ時を止めることが出来るのだという。その日から始まった、ふたりだけの夕刻。むぎと知る日常の美しさに、未琴の心は次第に癒されていくが、むぎにはある秘密があって…。むぎと未琴が出会った理由、ふたりがたどる運命とは――。ラストは号泣必至の純愛小説!

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

夕刻の町に、僕らだけがいた。のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

夕刻の町に、僕らだけがいた。を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP