マルチチーミング:複数チームへの参加を組織の強みにする 著:マーク・モーテンセン/著:ハイディ K.ガードナー

マルチチーミング:複数チームへの参加を組織の強みにする

ジャンル
ビジネス・経済 経営
配信日
2018年09月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マルチチーミング:複数チームへの参加を組織の強みにするのあらすじ

組織のさまざまな課題に対処するにはチームが有効だが、複雑化する問題解決に各メンバーの専門知識が求められることが多いため、メンバーが複数のチームに所属することは珍しくない。筆者らは、こうした複数チームへの所属をマルチチーミングと呼ぶが、これには組織の経営資源をフル活用し、知識移転に役立つという利点がある一方、あるチームに火急の問題が発生すると、別のチームが立ち行かなくなったり、メンバーが疲弊したり、経営資源の奪い合いになったりすることもしばしばだ。本書ではマルチチーミングの問題点を解決し、利点を最大限に引き出す方法を論じる。複数チームを戦略的に管理することは手間も暇もかかるが、組織に真のメリットをもたらすためには必要なことである。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年4月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

マルチチーミング:複数チームへの参加を組織の強みにするのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP