文蔵 2018.9 「文蔵」編集部

文蔵 2018.9

ジャンル
文芸 小説 ミステリ エッセイ・随筆 ノンフィクション
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文蔵 2018.9のあらすじ

【特集】心が痛くなるほどの感動を味わいたい! 胸が締めつけられる物語 【インタビュー】彩瀬まる 「苦しみ」の先にあるものを知りたいから 【ブックガイド】恋愛、家族、青春小説……痛いほどの切なさに心が揺さぶられる小説11選……吉田伸子 恋愛の「ままならなさ」が胸を打つ作品切りたくても切れない「家族」という絆人生の哀しみの行く末を読む 【大人気連載第三回】宮部みゆき 双六神隠し その一 きたきた捕物帖3 双六で遊んでいた松吉が姿を消した。北一は、富勘長屋の人達と探し歩く。 【連載小説】●梶よう子 由蔵覚え帳8 清次が襲われ命を落とす。怒りを抑え切れない由蔵は仇を討とうと……。 ●秋吉理香子 灼熱9 復讐の対象だったはずの夫の真実の姿がわからず、わたしは苦悩を続ける。 ●宮本昌孝 天離り果つる国25 七龍太は殺されたと信じる紗雪。一方、難しい立場に立たされた成政は。 ●長岡弘樹 歪んだ凶弾(中) 影絵のミザンセヌ30 三日前、電車内で異臭騒ぎに遭遇した恭子は、医師の診断を受けていた。 【話題の著者に聞く】●辻村深月 『噛みあわない会話と、ある過去について』「傷つけた側」がその過去を突きつけられる恐ろしさ ●川越宗一『天地に燦たり』読者が前向きに生きたいと思えるような物語を 【連載ノンフィクション】百田尚樹 モハメド・アリ 地上最強の男たち──世界ヘビー級チャンピオン列伝21 「モハメド・アリ」に改名したクレイは、さまざまな批判にさらされる。

659円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

文蔵 2018.9のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP