セブンス 6 三嶋 与夢/ともぞ

セブンス 6

ジャンル
ライトノベル
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンス 6のあらすじ

女性騎士率いるバラバラの隊は魔物を討伐できるのか? ライエルはアーツを無事に継承できるのか? アラムサースを出てセントラルに到着したライエル一行。 ミランダとシャノンの実家であるサークライ家に招待された。 屋敷で当主――二人の父親であるラルフ・サークライと面会する。 だが、ライエルが言われたのは娘を置いていって欲しいという願いだった。 父親として、ライエルのような男に娘を預けておけないというラルフ。 それを認めないミランダと喧嘩になりそうな中、現れたのは――【リオネル・ウォルト】。 宮廷貴族ウォルト家――同じ一族の男子だった。 初代バジル・ウォルトが独立してから伯爵家にまで上り詰めた領主貴族であるウォルト家は、 元を辿れば宮廷貴族の出身である。 当然、王都セントラルには宮廷貴族であるウォルト家が残っている。 サークライ家の次女と恋仲であるリオネル。 ミランダとシャノンを抱えてしまったライエル。 年齢も近く、そして同じ青髪青目と似ている二人なのだが―――。 三嶋 与夢(みしまよむ):鹿児島県在住。 著作に「ドラグーン~竜騎士への道~」「脇役勇者は光り輝け」(共に、わい名義)。 ともぞ:イラストレーター、漫画家。 主なラノベ作品に「鑑定使いの冒険者」「鑑定能力で調合師になります」(共にヒーロー文庫)など。 主な漫画作品に「雛見沢停留所~ひぐらしのなく頃に原典~」など。

691円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

セブンス 6のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP