物理の風景 数理物理学者の見た世界【期間限定価格(「紙で入手困難!」秋の新書祭(1))】 堀淳一

物理の風景 数理物理学者の見た世界【期間限定価格(「紙で入手困難!」秋の新書祭(1))】

著者
堀淳一
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
科学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物理の風景 数理物理学者の見た世界【期間限定価格(「紙で入手困難!」秋の新書祭(1))】のあらすじ

デパートの混雑とブラウン運動、異常心理学と極低温物理学、人の公私生活と複素関数、日付変更線とリーマン面……。あなたは物理学者が、どんな感じ方をし、どんな考え方をして研究をしているのかに興味を持ったことはありませんか。本書は数理物理学者がどのように一般社会を見ているのかを紹介するとともに、物理学とはどんな学問かを考えさせるものとなるでしょう。〈本書は、1974年12月,講談社ブルーバックスB-254として刊行されました。〉

302円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

物理の風景 数理物理学者の見た世界【期間限定価格(「紙で入手困難!」秋の新書祭(1))】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP