美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 IV 器官 ──それぞれの働きと美しい姿 コリン・ソルター/奈良信雄/三村明子

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 IV 器官 ──それぞれの働きと美しい姿

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 科学 医学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 IV 器官 ──それぞれの働きと美しい姿のあらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 私たちのからだは、筋肉や内臓などの器官が集まってできている。器官は、それぞれの役割から共通の器官系に分けることができる。からだを動かすための筋肉・骨格系、外部から情報を取り入れるための感覚器系、そしてその情報をもとにからだをコントロールする脳・神経系を、植物にはない動物特有の器官として、動物性器官と呼ぶ。対して、生命を維持するために最低限必要な呼吸器系・循環器系・消化器系を、植物性器官という。 事故などで大脳が傷つき、自力で移動や食事、会話ができなくなる状態を植物状態と呼ぶのは、生命を維持するための植物性器官が働いているからである。

712円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 IV 器官 ──それぞれの働きと美しい姿のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP